排卵検査薬は水分摂取量と密接な関係がある

 

排卵検査薬には不思議なことがよくあります。
というのも、排卵日でも排卵検査薬が反応しない時があります。
排卵検査薬を使っても排卵に反応しない場合、水分を取り過ぎてしまい尿が薄まったことによって誤反応が出るケースがあると指摘されています。
排卵検査薬を使っても排卵に反応しないのでは、タイミング法に挑戦している意味がなくなってしまいます。
排卵検査薬を使う時には、水分量に気を付けないといけませんので、排卵検査薬を試す2、3時間前には水分は控えるようにしましょう。
尿が薄まってしまったり、極端に濃くなってしまうことは、排卵検査薬の使用時には悪く作用する可能性が高いです。
排卵検査薬は使い方や生活習慣などが乱れていると、それだけ正しい結果が出なくなってしまいますので、妊活中には気を付けましょう。
妊活をしている人は、できるだけ正しい生活習慣と食習慣が大事です。
体調に変化が起きるような不健康な生活習慣や食生活は、やはり排卵検査薬の結果にも悪影響を及ぼす可能性がありますので改善する必要があります。
赤ちゃんは健康的な体に宿りやすいので、まずは自分の生活を見直すことが大事になってきます。
特に基礎体温の線がガタガタになっている人は、体内に問題を抱えている可能性があります。

 

 

お酒で排卵検査薬の結果がおかしくなる!?

 

よく「お酒を飲み過ぎると排卵検査薬が排卵日でも反応しない」という話があります。
これはお酒の成分が、排卵検査薬に悪影響を及ぼしているわけではなく、水分量の過剰摂取が原因で起こると言われています。
せっかく排卵して体内のLHホルモン量が増えても、水分摂取が多すぎて、尿が薄まってしまうと、LHホルモンの尿中濃度が下がってしまい、排卵日であっても排卵検査薬では反応しないようになってしまうのです。
排卵検査薬は、水分とLHホルモンのバランスが大事になってきますので、著しく水分を増やしてバランスを乱してしまうことは、タイミング法にとってはご法度です!
やっぱり排卵検査薬が排卵日に反応しないと、子作りのタイミングだっていい加減になってしまいますので、効率的な妊活はできなくなってしまいます。
正確な排卵検査薬の結果が出れば、それだけ子作りだって、妊娠確率が上がりますので、排卵検査薬で正確な結果が出るように、努力をする必要があります。
排卵検査薬を正確に機能させるためにも、日頃から水分摂取量が多い人は、出来るだけチェック前だけでも水分を控えるようにしてみることをおすすめします。
お酒が好きな人も、暴食暴飲は極力避けるようにしましょう。