赤ちゃんが欲しいなと考えている人は、産み分けをしてみようかなと思っていますか?

 

私は一人目の妊活の時は、授かれればどちらでもいいと思っていたので産み分けはしなかったのですが、2人目はどうしても女の子がいいなと思い産み分けをしたいと思っていました。

 

2人目や3人目の妊活をしている人は尚更、産み分けをしたいなと思っているのかなと思います。
1人っ子にしようと感がている人も産み分け希望が多いのかな。
出来る事なら、自分たちが希望している性別の子どもを授かれたら嬉しいですよね。

 

病院で産み分け、タイミング方で産み分け、整体へ通って産み分けといろいろなパターンがあるとは思います。

 

あまり怪しい商法に引っかかりたくないなぁと思ったりしている人は、自宅で排卵検査薬を使って自己流で産み分けを試している方が多いようです。
なかでも人気なのが、クリアブルー排卵検査器という排卵期を予測する機械です。
排卵検査薬とは違うの?と疑問に感じますよね。

 

産み分けの事を通して、クリアブルー排卵検査器についての説明もしているので、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

目次
・クリアブルー排卵検査器は赤ちゃんの産み分けにも使用できる?
・100%産み分けが可能な事ってあるの?
・クリアブルー排卵検査器はかなり高機能です
・クリアブルー排卵検査器で産み分けのタイミングを知る方法は?
・産み分けが成功したら嬉しいなという気持ちで

 

 

クリアブルー排卵検査器は赤ちゃんの産み分けにも使用できる?

 

クリアブルー排卵検査器は排卵日を予測するものですが、赤ちゃんの産み分けにも活用できそうだなと思いますか?

 

クリアブルー排卵検査器は判定の正確さは99・9%で、排卵日の最大5日前から判定可能なアメリカでは人気の排卵検査器です。

 

妊活中の方やこれから妊活を考えてる人には排卵検査薬という言葉の方が浸透していますが、こちらは排卵検査器という検査薬とは少し違った商品です。
尿をかけて検査をするというベースは全く同じなのですが、そのデータを検査器に差し込んで管理していきます。
さらに違ったすごさは、排卵期の予測できる日が早いという点です。

 

クリアブルー排卵検査器は、黄体形成ホルモンだけではなく、それよりも前に分泌されるエストロゲンを感知します。
エストロゲンは、排卵日の約5日前から量が増えてくるので、黄体形成ホルモンのみの検査よりもさらに前から排卵期の予測ができるわけです。

 

エストロゲンを感知する事で、排卵日の最大5日前を判定することが可能になるのです。

 

排卵日の5日前を知る事ができるとなると、仲良しのタイミングをとりやすいのはもちろん、産み分けを希望している方にも便利なツールになると思いますよね。

 

産み分けをしたい人もいれば、どちらでも授かれればいいという人もいますが、せっかくクリアブルー排卵検査器を使用して妊活しているのですから、
少しくらいは希望の性別の赤ちゃんが授かれるかもと期待してもいいですよね。

 

出来れば男の子がいいなぁ〜とか、女の子がいいなぁとか希望がありますもんね。

 

 

100%産み分けが可能な事ってあるの?

 

産み分けの方法に興味がある方はすでに知っているかもしれませんが、産み分けには色々な方法があると情報が流れています。
排卵日のタイミングを見計らったり、仲良しの方法を区別したり、中には産み分けゼリーなども販売されています。

 

昔よりは産み分けをすると、いい結果が出るようにはなっているみたいですね。

 

産み分けサプリメント、産み分けマッサージ、産み分けお茶など信ぴょう性のないものには気を付けたほうがいいかもしれません。
100%の可能性もないのに、思わせぶりにあおって購入させるという悪い噂もあるよです。

 

クリアブルー排卵検査器も同様で、使ったからと言って100%産み分けに成功するとは限りません。
赤ちゃんは授かりものですから、何をしたとしても100%と言うのは不可能だと思います。

 

ただ、産み分けを試さないよりは、試して失敗する方がいいですよね。
仲良しの方法、排卵日のタイミングで自分たちなりの産み分け方法をする事も可能なのです。

 

男の子が4人続いた家族もいれば、女の子が4人の家族もいます。何度産み分けして妊活をしたとしても、同じ性別の子どもしか産まれなかったと聞きました。
性別が分かる時の楽しみというか、ドキドキの瞬間は忘れられないものです。
100%と信じ込んで、望んでいた性別ではなかった場合のショックは大きいそうです。
あくまでも、可能性があるという気持ちで臨むべきかなと思います。

 

実際に私は2人目の女の子の産み分けに成功しています。
と言っても、自己流なもので排卵検査薬を使って排卵日の数日前にタイミングをとった事くらいです。
仲良しの仕方については、パートナーに相談することが出来ず、排卵日のタイミングのみに頼っていました。
仲良しのタイミングが良かったのか、遺伝によるものなのかは答えは分かりませんけどね。

 

もし何らかの治療を受ける事で、産み分けが100%可能になってしまうと、すべての事が操られているようで、モヤモヤした気持ちが残ると思いませんか?

 

現在は、不妊治療なども進み昔の人からしたら想像できないような事で子供を授かることが出来るようになっています。
それでも、性別や双子ちゃんなどは自分達では決める事ができないですよね。

 

でも、少しでも可能性があるのだから、クリアブルー排卵検査器などの排卵検査をして排卵日の前などを考えて妊活する価値はあると思います。

 

クリアブルー排卵検査器はかなり高機能です

 

クリアブルー排卵検査器は、これまで使った事のある排卵検査薬とは違い、それよりも数日早い排卵日前の測定が可能です。
高度で精密な排卵検査器といってもいいでしょうね。

 

通常使われている排卵検査薬は、排卵の前に上昇する黄体形成ホルモンを測定する事で陽性か陰性かの判断がされます。
しかし、クリアブルー排卵検査器は、黄体形成ホルモンの前に上昇を始めるエストロゲンを先に測定するものです。
エストロゲンは、排卵日の5日前から分泌されるので、最大で排卵日の5日前を予測することができます。

 

なるほど〜と納得するのはまだ早いです。
なんと、クリアブルー排卵検査器の凄いところは、デジタル表記で排卵期をお知らせしてくれるのです。

 

検査後の表示は、妊娠のしやすいタイミングをLow、High、Peakの3段階で教えてくれます。

 

妊娠の確率が低い日はLow
高い日はHigh
最も高い日はPeak
の表記になります。

 

エストロゲンが上昇し始める段階だとHigh、黄体形成ホルモンが上昇を始めるとPeakといったタイミングのようです。
LowからHighになった時から、仲良しのタイミングをいつ取るか考えることが可能です。

 

クリアブルー排卵検査器も使い慣れる事で、どのくらいの時がLowなのかHighなのかなどのタイミングをつかめるようになるのかなと思いました。

 

他にも便利な機能が付いています。
6回分の生理周期を記録出来たり、カレンダー表記で排卵のサイクルや仲良しの日を記録出来たりもします。

 

基礎体温を測って毎日チェックするよりも、こちらの方がとっても便利で簡単な気がしますね。
もちろん基礎体温も大切だとは思うのですが、毎朝起き上がる前に同じ時間に計るのって面倒だと思いませんか?
子供がいるとなると尚更、同じ時間になんて無理ですよね。
クリアブルー排卵検査器なら毎日の測定は必要ないので、そういうストレスを感じる事はありません。

 

排卵検査薬と妊活アプリなどを兼用して使っている人が多いと思うのですが、このクリアブルー排卵検査器だったら、この1台で記録されるので、その都度入力する手間も省けますよね。

 

妊活アプリをダウンロードしていると、誰かに携帯をみられた時にちょっと恥ずかしいなという気持ちになったりもします。
クリアブルー排卵検査器だったら、自宅保管なので誰かに見られる心配もないので安心ですよね。

 

 

クリアブルー排卵検査器で産み分けのタイミングを知る方法は?

 

クリアブルー排卵検査器をどのように活用して産み分けをしたらいいのでしょうか?

 

一番よく聞くのは排卵日の数日前だと女の子、排卵日直前だと男の子という説です。
実際に、このくらいの感覚で私は第2子の産み分けを試みました。

 

男の子を希望している場合

 

Y精子は酸性に弱いそうなので、膣内が酸性からアルカリ性に移る排卵日の直前または当時に仲良しをします。
このタイミングは、クリアブルー排卵検査器が「Peak」を指しているころだと思います。
濃い仲良しを心がける事も重要なポイントです。

 

女の子を希望している場合

 

X精子をより多く残す必要があります。そのためには、排卵日の3日から2日前の仲良しが効果的です。
クリアブルー排卵検査器がHighになったころから、タイミングをとり始めてもいいのかなと思います。
妊活の期間に余裕がある場合は、排卵日前日や当日の仲良しを避けて妊活してもいいですよね。
男の子の産み分けと違って、仲良しはあっさりとタンパクに済ませることがポイントになります。

 

 

一般的な排卵検査薬の場合、検査薬の色の濃さなどで排卵日までの日数を自分の目で判断しなければなりません。
この判断がかなり迷うんですよね。
クリアブルー排卵検査器のメリットは、そんな悩みもなく表示を見る事で簡単に判断できるという点です。

 

産み分けに挑戦していたり、産み分けしようかと考えているご夫婦からすると、とっても魅力的な商品ではないでしょうか。

 

 

妊娠する事自体も奇跡に近い事なのに、ましてや産み分けをするとなるととても気を使うと思います。
男性にとっても、女性にとっても月に1回か2回しかない仲良しのチャンスを逃すわけにはいかない、とても重要な日になります。
お互いのコンディションを整える必要もあるし、どの日にタイミングをとれば一番いいのかを考える必要もあります。

 

言葉で書くと簡単そうに思いますが、実際に数か月妊活している中で産み分けをするとなると、かなりストレスが溜まると思います。
妊娠する為には、ストレスを溜めないことが一番なのに、自分たちで自分たちを苦しめてしまう結果にもなります。

 

 

クリアブルー排卵検査器を使う事で、仲良しのタイミングをとる日はわかるので悩むことがないのが嬉しいですよね。
妊活にも、もちろん産み分けのタイミングにも大活躍してくれそうです。

 

また、排卵日の5日前というかなり早い前から予測することが出来るので、月に一度の排卵期に数回仲良しのタイミングをとる事も可能です。

 

それに、5日前を知る事でパートナーに仲良しする日を急かす事もなくなると思います。
1人目の妊活の場合は、パートナーとの時間が作りやすいと思いますが、2人目3人目の妊活になると、なかなか2人の時間を作るのは難しいです。
5日前から知る事で、仲良しの日程が立てやすくなりますよね。

 

そういった面でも、クリアブルー排卵検査器は大活躍してくれると思います。

 

産み分けが成功したら嬉しいなという気持ちで

よし!クリアブルー排卵検査器を使えば完璧に産み分けが可能だ!とは思わないでくださいね。
あくまでも、妊活や産み分けのお手伝いをしてくれるツールだと思ってください。

 

完璧に完璧にと思いながら妊活していると、うまくいくものも行かなくなってしまいます。

 

Highの時には女の子の可能性がある、Peakの時には男の子の可能性がると考えるようにするのがいいと思います。

 

病院などでも産み分けの指導をしていると聞いたがありますが、病院だとしても確実な保証はありません。

 

といっても、切実に女の子がいい男の子がいいという思いがあるのは、経験者として痛いほどわかります。
性別が分かる日が来るまで、どっちなのかと考えながら過ごしてしまいますよね。
言葉では、どちらでもいいというけれど、内心では女の子がいいなとずっと思っていましたからね。

 

膣内の環境によって、どちらの精子が生き残れるのかが違ってくるのですが、それを化学的に操作する事は無理ですよね。
人工授精によって妊娠した時でも、どちらを妊娠したのかはお楽しみになります。

 

色々なタイミング、色々な状況がいくつも重なって妊娠する事ができるわけです。その先に、男の子なのか女の子なのかが待っています。
産み分けをしていたからこそ、どちらなのかなと楽しみが増すのかなとも思いました。

 

もちろん、どちらになっても嬉しい気持ちは変わりないと思います。

 

私の場合も絶対はないと知っているけれど、それでも絶対に女の子がいいと願ってしまっていました。
その反面、2人目も男の子になってしまうという事も想像して、未来の子育ても描くようにしていました。

 

強い気持ちを抱くことも大切なのかなと思ったりもするのですが、こればかりは誰かが決めらえる事ではないのですから、
絶対に女の子!絶対に男の子!と決めないでいたほうがいいのかなと思います。
自分だけではなく、周りのご家族もどちらの性別がいいとか無理なことを言わないように、妊活をサポートしてくれたら嬉しいですよね。
まわりからのプレッシャーって、結構ストレスになりますから・・・

 

産み分けできるかもしれないという気持ちで妊活に挑み、クリアブルー排卵検査器を妊活サポートアイテムとして活用してほしいなと思います。